CATEGORY

ファイバーパテ 995

ソーラー社 マジックパテ995
ゼロ収縮カーボンファイバーパテ

ゼロ収縮、加熱即硬化タイプ。防錆鋼板、高張力鋼板、アルミ板に対応。
強度に優れたカーボン繊維配合で厚付け(10mm)可能

**************************************************
硬化収縮による下地鋼板の反りが極めて小さいゼロ収縮タイプで、パテ付け直後に加熱即硬化できる厚付け用カーボン繊維強化ポリエステルパテです。

《用途》
1.自動車、大型車輌、特殊車輌等の外板に使用されている防錆鋼板やアルミ板等の短時間補修
2.スポット溶接部、ステップ部やトラック荷台等の凹凸があり板金が困難な箇所の補修
3.FRP製品やパーツなどのキズ補修など
※大欠損や亀裂などをFRPで補修後の表面成形時に使用します


《特長》
1.硬化収縮が極めて少ないので、パテ歪みの出やすい薄い鋼板にも厚付けできます。
2.パテ付け直後に加熱即硬化(60℃、5分)ができ、作業時間が大幅に短縮できます。常温での乾燥性、初期密着性にも優れています。
3.ヘラ付け性に優れており、大面積や複雑なダメージも簡単に補修できます。
4.防錆鋼板、高張力鋼板、アルミ板から通常鋼板まで多くの下地に使用できます。
5.従来の低収縮パテと比較すると、研削時のペーパーのカラミが少なくなっています。

《使用方法》
1.鋼板の研磨脱脂など下地処理を十分に行い、研磨後直ちにパテ付けしてください。
2.主剤に硬化剤「防錆鋼板用F-10」を適正量の2~3%加え、完全に混合してください。
3.パテ付けは初めしごき塗りをして鋼板のペーパー目にパテを十分なじませてから、必要な厚みに盛ってください。
4.ヘラ付け直後に加熱即硬化する場合は60℃で5分程度行ってください。加熱終了後は必ず放冷してから研削作業を行ってください。
5.常温硬化ではパテ付け後約30分(20℃)にP80~P120の研磨ペーパーで研削してください。

《使用上の注意》
1.火気のある所では使用しないでください。
2.作業場は局所排気装置を設け、マスク、手袋、帽子等の保護具を着用してください。
3.パテの主剤と硬化剤は直射日光を避け、冷暗所で保管してください。
表示順 : 
表示件数:1~1/1

2022年10月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2022年11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 定休日